Profile

Join date: May 9, 2022

About

<女子日本代表 - 女子オーストラリア代表>


Go Live>>https://www.xeostreamtv.com/japan-aus-rugby/


Go Live>>https://www.xeostreamtv.com/japan-aus-rugby/


前半は一進一退の攻防となり、同点のまま折り返した。 試合が動いたのは後半9分。左サイドを抜け出したMF長谷川のクロスを、オーストラリア選手がペナルティーエリア内でハンド。日本がPKを獲得した。そのPKを10番を背負うFW岩渕が落ち着いて左隅に決め、先制した。同19分には途中出場のMF遠藤が左足で強烈なミドルシュートを放つ。惜しくもバーに阻まれ、追加点はならず。日本は岩渕のPKによる1点を守り切り、同じく東京五輪に出場するオーストラリアに勝利。五輪前最後の親善試合で弾みをつけた。 日本は15日に札幌入り。21日の1次リーグ初戦となるカナダ戦(札幌ドーム)に向けた最終調整に入る。


このたびのオーストラリア遠征において本日5月9日、スタッフ1名と選手4名の計5名に体調不良が確認され、抗原検査の結果4名が陽性と診断されました。その後、チーム全員の抗原検査を行ったところ、新たに選手2名の陽性が確認されました。計6名の陽性者は本日より隔離療養をしております。なお遠征受入れ先のオーストラリア協会が行政の方針に沿って定めているガイドラインおよび感染症対策専門家の医師の指導に準じ、5日および本日診断された陽性当該者を除く遠征チームメンバーについて安全性を確認いたしましたので、予定通り活動を継続いたします。また、遠征先での大会参加基準に鑑み、大会を主催するオーストラリア協会の承諾のもと試合に出場いたします。(5/9更新)




5月1日(日)フィジー代表戦および5月10日(火)にオーストラリア代表戦は当協会の公式SNS(TwitterおよびFacebook)にてライブ配信いたします。(4/28更新)


※5月6日オーストラリアンバーバリアンズ戦については、Stan Sportのみで配信され、オーストラリア国内では視聴可能ですが、日本国内ではご視聴いただけません。ご了承ください。



のたびのオーストラリア遠征において、参加選手1名に昨日5月5日に発熱が確認され、抗原検査の結果、陽性と診断されました。その後、チーム全員の抗原検査を行ったところ、新たにヘッドコーチと選手2名から陽性反応が確認されました。計4名の陽性者は昨日より隔離療養をしております。なお遠征受入れ先のオーストラリア協会が行政の方針に沿って定めているガイドラインおよび感染症対策専門家の医師の指導に準じ、陽性当該者を除く遠征チームメンバーについて安全性を確認いたしましたので、予定通り活動を継続いたします。また、遠征先での大会参加基準に鑑み、大会を主催するオーストラリア協会の承諾のもと試合に出場いたします。(5/6更新)


このたびのオーストラリア遠征において参加選手1名に発熱が確認され、PCR検査の結果本日4月30日新型コロナウイルス陽性と診断されました。当該選手1名は、既に隔離療養しております。なお当該選手を除く遠征メンバーについては、その後の抗原検査にて全員の陰性を確認し、遠征受入れ先のオーストラリア協会が行政の方針に沿って定めているガイドラインおよび感染症対策専門家の医師の指導に準じ、チームメンバーの安全性を確認いたしましたので、予定通り活動を継続いたします。また、遠征先での大会参加基準に鑑み、大会を主催するオーストラリア協会の承諾のもと試合に出場いたします。(4/30更新)


公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長:森重隆、東京都港区)は、女子日本代表が4月18日(月)~5月13日(金)にオーストラリア遠征を実施することを決定いたしましたのでお知らせいたします。


また、遠征中の5月1日(日)にフィジー代表戦を、5月10日(火)にオーストラリア代表戦を行うことが決定いたしました。いずれもテストマッチ(キャップ対象試合)となります。また、5月6日(金)にオーストラリア協会によって編成されるオーストラリアンバーバリアンズと対戦いたします。




遠征参加メンバーはこちら(4/15発表)

女子オーストラリア代表 vs 女子日本代表 生放送 テレビ放送 テレビ放送開始 生中継 無料

More actions